CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 「坂の上の雲」日照りより。 | main | ファンタジーとマネー。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ネットで友達を作るということ。
やっぱり気心知れた友達とは、メッセ(チャット)で話しても
楽しいですね。インターネットをはじめて数年はネットでも
お友達がいたけど、私が一時休止したり相手が忙しかったりで
結局疎遠になっちゃって。

本当に気の合う人間なんて男も女もそうそういないので、妥協
しないためにはネットでも何でも駆使して色んな人と会うことが
大事かもしれない。けれども、人間関係においてもやっぱり量より
質だな、と思います。

色んな人と出会うのもいいけど、一人の人間とじっくり付き合って
いくことが大事だなって。一緒に遊びにいくぶんには最高の友達
だけど、それ以上の部分においてはどうしても好きになれないとか、
その逆もあったりするわけですし。
だから量をこなすよりは、私はじっくり付き合いたいと思うわけです。

で、じっくり付き合うには、やっぱりバーチャルなやりとりだけでは
不十分だと思うんですね。チャットでこういうことを言ってる。
でもどんな顔してこんなことを言ってるんだろう。
付き合いを重ねた友達なら何となく想像できるけど、あったことも
ない人ならどうしようもありません。その表情、空気も考慮して
返答したいのに、文字通りの言葉に受け取るしかない。
こういった状況でのコミュニケーションはすごく難しいと思います。

ネット上で大親友を見つけて、親交が実際に会った後でも続いている
場合は、お互いに文字にできるだけの全てをこめて(つまり、書いて
いる通りの自分でいて)コミュニケーションした結果なんでしょうね。
私はついつい自分の暗部―短気だったりたまに陰気だったりする
自分を隠して、ひょうきんで大らかでいようとしてしまうから、
多分ネットで親友はできないと思います。
ただ、ネットならではの友人はできると思います。人間として
付き合って行くのは難しいとしても、「表現者」としてお互いに
インスパイアしあうような関係にはなれるじゃないかなと。
| 考え | 00:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 00:14 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://shioka.jugem.cc/trackback/8
トラックバック