CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< ファンタジーとマネー。 | main |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
アンナ・カレーニナを読んで。−リアルとデフォルメ−
この物語の軸は3つ。
魅力的で都会的、だが破滅に終わるアンナとヴロンスキーの不倫と、
純真で素朴だが幸せに満ちたリョーヴィンとキチイの結婚生活、
欺瞞と怠惰に満ちているけれど波風の立たないドリイとオブロンスキー
の夫婦生活。

もちろんアンナたちの生活とリョーヴィンたちの生活が対比されている
のは明白だが、その両者の接点としてオブロンスキーとドリイの
生活が置かれているのが面白い
。あまり説明されていない
この生活こそが当時のロシアの貴族階級では一番普通でつまらない
ものであったのではないかと思う。妻と夫は愛し合ってはいないけれど、
惰性で夫婦生活を続け、夫は家庭を壊さない程度に不倫をし、
妻は夫の愛を受けられないぶん子供に情熱を注ぐ、という。
そして世間から見ては問題のない家庭生活を送っているように見える、
という。

オブロンスキーの生活を中心においてみると、アンナたち個人の愛を
つっきったけれど上手く行かなかったペア、リョーヴィンたち自分にも
他人にも善良な生活を送るペア、いづれもドラマチックに見えてくる。

この物語の面白いところは、恋愛だけでなく農業、政治、社会、
そして信仰と言う様々な部分を扱ったところにあると言われている。
またその人間描写・風景描写もリアリティを持っており優れている
と言われている。

テーマを捨象しなかったことが逆に当時の生活を生生しく感じさせる。
恋愛だけ、あるいは政治だけが当時代の人間の心を占めるものではない
ので、生き生きとした考える人間、動く人間を表現するのには優れた
表現だと感じる。が、逆にこのあまりにリアルな人間像がこの小説を
緩急の少ないものに見せているとも言えないだろうか。この物語には
大きな起承転結があるわけではなく、全て起承転結のある小さな
出来事の連鎖となっている。まさに人間の人生に単純な起承転結がない
ように。先にページを読みすすめたくなるような吸引力は残念ながら
私には感じることができなかった。そのため私のこの小説を読み終わった
第一の感想は、「ドストエフスキーのほうが面白い」というものだった。

が読み終わって少し時間がたったいま、ゆっくりとトルストイの面白さ
を味わっている。全てのエピソードが時系列的に脳味噌にたたきこまれ、
様々な苦悩をもった人間たちが生きている、ゆっくりとした現実的な時間
を感じられるのはトルストイ。

幾つかのエピソードと幾人かの人物が強烈な印象を残し、一定不変の
時間と言うよりも、ある人物の生きる緩急を持った人生を感じさせるのは
ドストエフスキー。

トルストイの作品も、ドストエフスキーの作品も、その中で時間が
経過していっているのだが、トルストイの時間は60秒が1分という
客観的な時間、ドストエフスキーの時間は楽しい時は一瞬という
主観的な時間のような気がする。人物描写もトルストイのほうが
よりそこらかしこにいそうな人間であり、ドストエフスキーのほうは
より異常な人間である気がする。

個人の好みはさておくとして、生き生きとした人間を
小説に描くには、リアルとデフォルメという二つの方法があるのでは
ないだろうか、と二人の巨匠を比較して感じた。
| | 20:01 | comments(4) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 20:01 | - | - |
コメント
「風が吹く場所」について何か知りたくて、どこかの検索エンジンにキャッシュが残っていないか捜していたら、驚きのブログを大発見してしまいました(笑)。

でも、このブログはあるいは放置サイトかもしれない。詩丘さりやさんは、僕がブログに投稿したなんて気づかないんじゃないだろうか。
そうでもないか、投稿があったことはメールで通知される仕組みにはなっているようだ。
とにかくコメントを書いてみよう。

寡作ですね〜(笑)。
ブログの記事のアップが、年に一度のペース。
それでもブログを残しているということはやっぱり放置サイトなのか、それとも性格の「大ざっぱで能天気」故か(笑)。
念のために書くと、チュー太郎とはfalanxのことです。

アップされた新しい合唱曲。
壮大であり、また僕のような年齢の者には、自分自身の来し方を振り返っていろいろと考えさせられてしまうような詩だとも思えた。
人生で僕は、とても光の衣とはいえない、まるでボロ雑巾みたいな何かを織り続けてきた(笑)。
そして、いま永遠へ還っていこうとしているんだろうな。

たぶん、若者である詩丘さりやさんは僕とは違って、あの詩の壮大さ=これからの人生で自分の眼前に広がっている無限大でもあるような世界に魅了されて、それを曲にしたんだと僕は思う。
「テノールやソプラノ譜にはきつい高音」や伴奏のピアノの激しい調子が攻撃的に、壮大に、これからの人生を経て「永遠のなかで咲くだろう」花を讃えているみたいに僕には感じられた。

僕は小役人として小説を書き続けたカフカの平凡さを装った芸術家魂みたいなものを、すねていてカッコいいなと考えていて(笑)、おなじように、作曲ができる平凡な家庭の主婦も愛があって(?)いいんじゃないかと思うのだが、詩丘さりやさんの夢はやっぱり作曲家ですか!

僕はたびたび書いてしまうが、詩丘さりやさんには才能があると思う。
なぜそう考えるか? おじゃまでなかったら、またあっちのサイトにでもその理由を書いて投稿します。

「向上と堕落の日々」
つまり「選ばれし我に恍惚と不安あり」ですね(笑)。
| チュー太郎 | 2007/09/10 1:07 AM |
追記

前略プラフも楽しめました。
ちょっと個人情報の検索はブキミだったか。
そういうつもりではなかったのですがーー。

作曲家になれるといいですね。
| チュー太郎 | 2007/09/10 3:01 AM |
>チュー太郎さん

返信したつもりでしたが、出来ていなかったようです。
申し訳ありません。チュー太郎さんのメール
アドレスを教えて頂ければやりとりもしやすいのですが・・・
ブログからリンクのあったメールアドレスにメールを
送ってもよろしいでしょうか?


ちなみにこのブログの存在は一年以上忘れていました(笑)
| さりや | 2007/10/19 12:26 AM |
お気に入りや注目しているブログはRSSを登録して更新の通知があったなら読んでいるのですが、「向上と堕落の日々」がまさか更新されるとは考えられないし、それでもたまに何か変化はないかとアクセスだけはしていて、出来過ぎみたいな話だけど、幸運にもさりやさんのレスをふたたび大発見してしまいました。

>ブログからリンクのあったメールアドレスにメールを送ってもよろしいでしょうか?
なにをおっしゃる、です。どうぞ、メールでもコメントでも書いてやってください。
ご批判の意見もO.K.です。
まったくだらしなくて何もできないのですが、僕のパソコンでの究極の夢は、さりやさんみたいな音楽をつくること。あるいは音楽をつくることを夢想すること。どうせ夢想だけなら、シルクロード周辺のへんぴな村で演奏されている民族音楽+ハード・ロックみたいなのが憧れです。
| チュー太郎 | 2007/10/20 3:35 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://shioka.jugem.cc/trackback/10
トラックバック
妻の浮気調査
妻の浮気、大丈夫?
| 妻の浮気調査 | 2006/08/16 9:50 PM |