CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
アンナ・カレーニナを読んで。−リアルとデフォルメ−
この物語の軸は3つ。
魅力的で都会的、だが破滅に終わるアンナとヴロンスキーの不倫と、
純真で素朴だが幸せに満ちたリョーヴィンとキチイの結婚生活、
欺瞞と怠惰に満ちているけれど波風の立たないドリイとオブロンスキー
の夫婦生活。

もちろんアンナたちの生活とリョーヴィンたちの生活が対比されている
のは明白だが、その両者の接点としてオブロンスキーとドリイの
生活が置かれているのが面白い
。あまり説明されていない
この生活こそが当時のロシアの貴族階級では一番普通でつまらない
ものであったのではないかと思う。妻と夫は愛し合ってはいないけれど、
惰性で夫婦生活を続け、夫は家庭を壊さない程度に不倫をし、
妻は夫の愛を受けられないぶん子供に情熱を注ぐ、という。
そして世間から見ては問題のない家庭生活を送っているように見える、
という。

オブロンスキーの生活を中心においてみると、アンナたち個人の愛を
つっきったけれど上手く行かなかったペア、リョーヴィンたち自分にも
他人にも善良な生活を送るペア、いづれもドラマチックに見えてくる。

この物語の面白いところは、恋愛だけでなく農業、政治、社会、
そして信仰と言う様々な部分を扱ったところにあると言われている。
またその人間描写・風景描写もリアリティを持っており優れている
と言われている。

テーマを捨象しなかったことが逆に当時の生活を生生しく感じさせる。
恋愛だけ、あるいは政治だけが当時代の人間の心を占めるものではない
ので、生き生きとした考える人間、動く人間を表現するのには優れた
表現だと感じる。が、逆にこのあまりにリアルな人間像がこの小説を
緩急の少ないものに見せているとも言えないだろうか。この物語には
大きな起承転結があるわけではなく、全て起承転結のある小さな
出来事の連鎖となっている。まさに人間の人生に単純な起承転結がない
ように。先にページを読みすすめたくなるような吸引力は残念ながら
私には感じることができなかった。そのため私のこの小説を読み終わった
第一の感想は、「ドストエフスキーのほうが面白い」というものだった。

が読み終わって少し時間がたったいま、ゆっくりとトルストイの面白さ
を味わっている。全てのエピソードが時系列的に脳味噌にたたきこまれ、
様々な苦悩をもった人間たちが生きている、ゆっくりとした現実的な時間
を感じられるのはトルストイ。

幾つかのエピソードと幾人かの人物が強烈な印象を残し、一定不変の
時間と言うよりも、ある人物の生きる緩急を持った人生を感じさせるのは
ドストエフスキー。

トルストイの作品も、ドストエフスキーの作品も、その中で時間が
経過していっているのだが、トルストイの時間は60秒が1分という
客観的な時間、ドストエフスキーの時間は楽しい時は一瞬という
主観的な時間のような気がする。人物描写もトルストイのほうが
よりそこらかしこにいそうな人間であり、ドストエフスキーのほうは
より異常な人間である気がする。

個人の好みはさておくとして、生き生きとした人間を
小説に描くには、リアルとデフォルメという二つの方法があるのでは
ないだろうか、と二人の巨匠を比較して感じた。
| | 20:01 | comments(4) | trackbacks(1) |
「坂の上の雲」日照りより。
塾へ通う途中、買ったきり忘れていた「坂の上の雲(1)」を読む。

人に対して何らかの色を感じる人がいるというけど、私は文に色を感じる。
ちなみにドストエフスキーはどす黒い赤、ヘッセは水色、遠藤周作は濃紺。
司馬遼太郎の文はというと無色透明。色気がないとも言えるけど、すごく
澄んだ一瞬がある。話自体の面白さももちろんあるけれど、その一瞬の
ために私は司馬遼太郎を読むのだろうと思う。

で、坂の上の雲の続きを買おうとしたんだけど…。
ない、ない、ない。どこにもない。
坂の上の雲は確か再来年の大河ドラマになるらしいし、世間の評判に
よると司馬氏の最高傑作だというのに、置いてあっても一巻のあとは
7巻だったりと、販売サイドの意欲が感じられない。

読む世代の人は読み終えてしまっていて、若者=新しい読者がつかない
ということだろうか。その証拠に同じ司馬作品でも竜馬、燃えよ剣は
結構揃っている。かくいう私も日露戦争に興味を持てず、いかにも派手で
面白げな幕末に走って上記2作品を先に読み終えてしまった。

19歳はもちろん若輩だが、ある程度自分の興味を突っ走しり終えて、
行き詰ってしまう歳だと思っている。かといって、未知のものを恐れる
歳でもない。率直にいうと日本史の中の幕末以外のことも知りたくなった。
そういう年齢の自分にとって、坂の上の雲は大変面白い。
さほど本を読まない私ですらそうなのだから、坂の上の雲が若者にとって
いつまでも手に取りにくいものだというわけではないだろう。
それとも、坂の上の雲さえ置けないほど、日本人の本離れは深刻なのだろうか。
| | 23:42 | comments(0) | trackbacks(1) |
| 1/1PAGES |